あったかチャージインナー工場見学

Chabiコラム2018/11/13

温活

あったかチャージインナーの生産

記事詳細用

 

あったかチャージインナーの工場見学に

3人で行ってきました。

 

あったかチャージインナーは長年

Chabiっこ様の冬に欠かせないアイテム。

 

 

それが昨年、仕上がり間近い中急に工場が○○してしまい

泣く泣く手に入らなくなってしまったのです。

 

それが別の会社が機械を引き取られ

以前のスタッフさんが働くことになり

新しい工場で生産が可能になりました。

 

 

本当に嬉しくて嬉しくて

昨年はあったかインナーのストックが必要と

切実に思いました。

 

 

 

記事詳細用

 

工場見学では丸編みと言われる商品の

いろんなアイテムも見せて頂き

初めて見る神戸店なおとけいこは

メモを取りながら学びの時間となりました。

 

記事詳細用

 

こちらがインナーを作る様子です。

たくさんの糸が引っ張られ

洗濯機のようなドラム缶の中で

くるくると周りながら円になって編まれていきます。

何着着分も長く続きになっていて

それを手作業でカットしてきます。

 

 

記事詳細用

 

ながーーーい

実際の製品になる生地の倍の長さを編んで

そちらを洗うことで半分の長さに縮ませ

製品の長さになります。

 

 

記事詳細用

 

1時間に編めるのは3枚だけ

1日20枚ほどしかできません。

その後染色をしたり

カットして縫製をしないといけないので

生地をカットして縫うだけの商品とは

全く違う工程となります。

この作業をみると

手間暇かけられ大変な作業の商品であるとわかります。

 

 

こちらの機械イタリア製で

世界でここにしかないのです。

 

 

そのうえ遠赤外線×10倍のエネルギーを持つ

中赤外線加工をしています。

 

他には無いChabiだけの商品を

作って頂いています。

 

大切に大切に作って頂いています。

こちら年内には入荷予定ですので

楽しみにお待ちくださいね。

 

ちゃび

 

 

 

 

ページトップに戻る